スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトロー 
ロビン・フッドをレイトショーで見てきました。
他の映画と比べると、上映数が少ないのは私の周りだけなのかしら。



ネタバレしてるかもなので、隠しておきます。


個人的に凄く面白かったです。
ロビンフットの話自体好きなので、やっぱりどんな内容でも楽しめた。

正直、最初はどうなか~と思ったのです。
ちょっとイメージに合わなくて・・・でも見てみたらそんな物吹っ飛びました。

あぁ、でもノッティンガムの代官はちょっと小物くさかった・・・のは舞台がイングランドとフランスだからかな。アウトローと呼ばれる前の話みたいだし。

あと、ジョン王はジョン王でした。
お兄ちゃんの遠征や身代金問題もあったのだろうけど・・・。
途中、自ら戦闘に参加するところは思わず見直してたのに最後はやっぱり、な結末に。
自分が認められたかったのかな~ロビンに注目が集まっちゃって。
でも上に立つなら寛大な心も必要なのかもね。

あと、タック神父が最後の戦闘に加わっていた気がするのは私だけでしょうか・・・最後森にも居たし。
神父らしからぬ行動ですよね!あ、お酒を飲んでた時点で神父らしからぬ行為は前からだったか。
何だかタック神父は憎めませんね。ロビンの仲間達も!



城攻めや最後の戦闘シーン迫力は凄い物です。
というか、こういったの久しぶりすぎてちょっと興奮。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://colorover.blog79.fc2.com/tb.php/196-c6b96fcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。